放課後等デイサービスってなに

放課後等デイサービスってなんですか?

お年寄りのデイサービスなのですか?

障害をもった児童のための、療育機関です。ですが実態的には学童同様お子様をお預かりする機能を強く求められています。

いわゆる学童とどう違うのですか?

通常学童は小学校3年生までしか利用できません。
小学生高学年ならば留守番くらいできるだろうという理屈です。
でも、現代では小学校高学年でさえ安心して外を歩けない社会ですよね。
ましてや障害を思っているお子さんを一人で留守番させるにはとても不安。
ですので、障害をおもちのお子さんむけに、「デイサービス」を行うのが放課後等デイサービスです。

放課後等の「等」ってなんですか?

共働きの家庭を考えてください。
仕事が複雑不規則になって現代では子供を預かってほしいのは放課後だけではありません。
土曜日や日曜日だって仕事している保護者はいるし、ましてや、夏休みなどは1日預かってほしいはずです。
放課後だけではなく、学校休業日も預かることができるから「等」なのです。

放課後等デイサービスって始めるの難しいんですか?

放課後等デイサービスにかぎらず、福祉事業は公費から支出されますので、他の事業と比べると開設の敷居は高いでしょう。
ただし、福祉事業の中では比較的要件がゆるやかなので、通所系サービスの中では最も開業しやすい業種と言えるでしょう。

放課後等デイサービスってなに?関連ページ

福祉事業としての将来性
放課後等デイサービスを始めようと思う方はまずこちらを読んでください
設立手続きは難しい
放課後等デイサービスを始めようと思う方はまずこちらを読んでください
設立計画を立てよう
放課後等デイサービスを始めようと思う方はまずこちらを読んでください

お問い合せはこちら

関連サイト


HOME 法人格 設立基準 指定申請 資金計画 法人概要・料金