法人格をとろう

法人格は必須

放課後等デイサービスにかぎらず福祉事業を開設するためには、「法人格」が必要です。
入所施設などの第一種指定福祉サービスについては、社会福祉法人又は医療法人のみしか指定を受けることができませんが、訪問系、通所系等の比較的身近なサービスは第二種指定福祉サービスと位置づけられ、大抵の法人で開設できます。

 

法人設立は難しい?

会社法の改正により資本金が一円以上あればだれでも手軽に株式会社を設立できるようになりました。
NPO法人も今では知名度が向上し、福祉系事業では最も代表的な法人となりつつあります。

 

以上のように法人は書類さえ整えればだれでも簡単に作れます。
むしろ法人を作ったあとの、維持管理の方がはるかに大変なのですが、現時点ではそこまで考える必要はありません。

 

どんな法人があるの

法人といっても数えきれないほど有りますよね。
株式会社、合同会社、合名会社、合資会社
社会福祉法人、医療法人、学校法人、NPO法人、社団法人、財団法人、宗教法人・・・
このうち、福祉サービスに適しているものとして以下の4つをご紹介させて頂いています。
詳しくは各項目を参考にしてください。

 

法人格をとろう記事一覧

株式会社

株式会社とは法人と聞いてまず思い浮かべるのは株式会社でしょう。知名度、信用度共に最も高く「代表取締役」には一種のステータスもあります。株式会社のメリット・知名度が高い・信用力がある・資金調達がしやすい・設立のハードルが意外と低い株式会社のデメリット・福祉系ビジネスでは営利色が疎まれることもある・福祉...

≫続きを読む

 

特定非営利活動法人

特定非営利活動法人とはいわゆるNPO法人です。福祉系スモールビジネスには最も適した法人形態です。NPO法人のメリット・比較的知名度が高い・社会的信用度が高い・善意のイメージが強く、福祉ビジネスには最も対外イメージが良い・税制上の優遇措置ありNPO法人のデメリット・設立に時間がかかる・設立に一定の協力...

≫続きを読む

 

合同会社

合同会社とは以前は株式会社の設立には1000万円、有限会社の設立には300万円の資本金が必要だった時に、それでも法人を作りたい人向けに合名会社や合資会社の制度がありました。ただし、合名会社も合同会社も無限責任の社員で構成され、使いにくい制度でした。そこで、有限会社を廃止し、代わりに、有限責任者の持株...

≫続きを読む

 

一般社団法人

一般社団法人とは一般社団法人とは非営利団体のひとつです。では特定非営利活動法人(NPO法人)とどこが違うのでしょう?NPO法人には税制上の優遇措置が認められている見返りとして公益性が非常に重要視されており、「公共の利益の重視」や「情報公開の原則」などの活動上の制約が大きいのに対し、一般社団法人には、...

≫続きを読む

 

法人格取得のための比較表

法人比較表ここでは、主たる3つの法人を比較してみました。株式会社合同会社NPO法人定款認証手数料50,000円0円0円定款印紙代(0円)(0円)0円登録免許税150,000円60,000円0円設立期間1週間程度1週間程度3〜4ヶ月設立者1名以上1名以上2名以上役員1名以上1名以上理事1,監事3名以上...

≫続きを読む

 

お問い合せはこちら

関連サイト


HOME 法人格 設立基準 指定申請 資金計画 法人概要・料金