一般社団法人とは

 

一般社団法人とは非営利団体のひとつです。
では特定非営利活動法人(NPO法人)とどこが違うのでしょう?
NPO法人には税制上の優遇措置が認められている見返りとして公益性が非常に重要視されており、「公共の利益の重視」や「情報公開の原則」などの活動上の制約が大きいのに対し、一般社団法人には、それらの制約が緩和されているところです。

 

 

一般社団法人のメリット

・NPOのような活動内容の制限がない(NPOは20分野のみ)
・NPOのように公共の利益のためでなくてもよい
・NPOのような厳格な情報公開制度がない
・NPOと比べて設立が容易
・非営利という外形上の信頼性がある
・株式会社よりも設立費用が安い

 

一般社団法人のデメリット

・知名度が低い
・税制優遇が営利法人とほとんど変わらない。
・利益の再配分ができない。

 

 

以上のように一般社団法人は「利益の再配分ができない」という以外は株式会社などの営利法人とほとんど変わりません。
設立の早さ、安さ、見栄えの3点をすべて求める人には最も適した形態といえるでしょう。

 

放課後等デイサービス

一般社団法人関連ページ

株式会社
信頼度抜群、株式会社
特定非営利活動法人
知ってそうで知らないNPO法人について
合同会社
もっともお手軽が合同会社
法人格取得のための比較表
法人格取得比較

お問い合せはこちら

関連サイト


HOME 法人格 設立基準 指定申請 資金計画 法人概要・料金